製品案内

金属加工機械

冷間粗圧延設備

用途

連続鋳造機及び熱間圧延設備などで出来たシート状の金属材料を常温で更に薄く圧延する設備です。圧延により材料が長くなる為、テンションリール(コイラー)などによりコイル状にして取扱うのが一般的です。

主な構成装置
  • ・圧延機(2段型、4段型、6段型)
  • ・テンションリール
  • ・ペイオフリー
  • ・ベルトラッパー
  • ・コイルフィーダー
  • ・コイルカー
  • ・ロールクーラント装置
  • ・ミスト回収装置、等
主な機能
  • ・CRTオペレーション
  • ・MMI(マンマシンインターフェース)
  • ・自動板厚制御(AGC)
  • ・自動板形状制御(AFC)
  • ・自動運転
  • ・生産管理
  • ・圧延情報の自動収集処理
鉄鋼用及び特殊鋼用冷間粗圧延設備
非鉄金属用冷間粗圧延設備