技術情報

カレンダーロールの基礎知識

ロール

ロールとは、金属でできた丸い筒状の形をしたものです。イメージとしてはそば粉を延ばす「めん棒」をイメージしていただければわかりやすいと思います。では、このロールは何を造る為のものなのでしょうか?

ロールは、原材料であるゴムや樹脂を伸ばして薄いシート状の製品を作るために使用するものです。例えるとそば粉の塊をめん棒で伸ばしてそばを作るようなイメージです。このロールには何種類かあり、製造する製品の内容によってロールの種類を選択しなくてはなりません。

では、このロールにはどのような選択の種類があるのでしょうか。

ロールの種類

ロールの種類は大きく分けると2つあります。まず、1つ目として、大きさで分けます。製造する製品の内容によってロールの大きさをかえなくてはなりません。この大きさとは、ロールの全長と直径のことです。

次に、2つ目の分け方として内部の構造で分けます。この内部の構造は2種類あり、「ボアード式」と「ドリルド式」という種類に分類されます。現在は、「ドリルド式」のロールを採用している企業が多くなりました。さらに目的によって細かく分類していくと、剛性・耐摩耗性・剥離性・表面粗度などといった事を考慮する事が求められますが、ロールの大まかな分類は以上の2つになります。

しかし、ロールで製品を作るには、そばを作るように、1枚の台の上で1本のめん棒を使って伸ばしていくのではなく、何本ものロールを色々な形に並べ、ロールとロールの間にゴムや樹脂等の原材料をくぐらせて徐々に伸ばして製品としていきます。製品の種類や目的によってこのロールの数や並べ方を変えていかなくてはなりません。

そして、何よりこのロールを回転させ伸ばしていく為の機械が必要となります。このロールを回転させ、原材料をロールへくぐらし延ばしていく機械をカレンダーロールといいます。

カレンダーロールとは?

カレンダーロールは、2本以上のロールの間に材料を入れて回転させ、延ばして製品を作るための機械です。元々は、紙を作るために使用されていた機械で、ロールの間に連続して紙を通して表面につやをつける為に使われていました。その後、この構造の機械を使って様々な製品が今日までに造られるようになりました。

例えば、テーブルクロス、ユニットバス用カーテンなどの「シート」。壁紙や卵の透明容器などに使われる「フィルム」。革のバックや自動車のシートなどの「レザー」のような平面状の製品を造ることが出来ます。先ほど述べたように、シート状の製品でも造る製品によってロールの組み合わせを変えていかなくてはなりません。

一般的には、4本のロールの組み合わせが多く、その配列の仕方に英文字の形をはめて、I型、S型、逆L型、Z型、斜Z型などがあります。

カレンダーロールで製品を造るメリット

以上のことから、平らなシートやフィルムの作り方は大方見当がついたと思います。また、このカレンダーロールを使った加工方法には次のようなメリットがあり、とても利用度が高い加工方法といえます。

  1. 様々な製品が製造できる。
  2. 生産性が高い。
  3. 高品質な製品が製造できる。

また、これまでカレンダー加工法以外で製造していた製品も、カレンダーロールで製造する事で、より高品質な製品を造り出す事も決して不可能な事ではありません。

今後、あらゆる場面で活躍が期待できるカレンダーロールは、強いリーダーシップで“物造り”を牽引する力を持った機械です。